MKトレーディング

中国イーウーについて

イーウーとは

当社は中国イーウーへの仕入れツアーも定期的に開催しています。
「イーウー」って何?という方のために簡単に説明しますと、

2002年に開業した義烏国際商貿城(福田市場[1]、中国小商品城、賓王市場の三つの大規模日用品卸売市場が立地しており[2]、中国東部最大の物流基地である。世界中のバイヤーも多く訪れ、日本の100円ショップ等の商品のうち、中国産のものは多くがここを通過している。

  • 義烏国際商貿城一区:2002年開業、床面積34万平方メートル、店舗は1万店余。
  • 義烏国際商貿城二区:2004年開業、床面積60万平方メートル、店舗は1万店余。
  • 義烏国際商貿城三区:床面積46万平方メートル。
  • 義烏国際商貿城四区:2008年開業、床面積108万平方メートル、店舗は2万店弱。
  • 義烏国際商貿城五区:床面積64万平方メートル、店舗は7000店余。
  • 中国小商品城・篁園服装市場(六区):2011年開業、床面積42万平方メートル、ファッションアパレル専門。
  • 賓王市場:床面積32万平方メートル、加工食料品他を扱う(wikipediaより)

中国全土から数百万種類の様々な完成品、パーツが集結し中国全土のみならず、中東を中心に世界中からバイヤーが集まる義烏卸売市場
中国浙江省義烏市、上海より南西に300キロに位置し高速鉄道で2時間15分、人口70万人、流動人口130万人
義烏には「国際商貿城」「中国小商品城」「賓王市場」の三つの巨大卸市場があり
そのうち今回は最大の国際商貿城(福田市場)に行きました。
福田市場:1区、2区、3区、4区と順に建設され、2008年10月に4区がオープンした。
この建物の規模がとてつもなく大きい、7万以上の店舗が店を構える家賃は30万〜90万円、
大きさにピントこないがイオンなどの郊外ショッピングセンターが100〜200の専門店からすると桁違いの大きさだ。(https://4travel.jp/travelogue/10353979より)
MKトレーディングこの看板に書かれている建物全体が
福田市場というとても大きな市場です。
イーウーは商品ジャンルにより
1区から5区まで建物がわかれていて、
およそ8万店!もの店舗があるといわれています。
ですので中国全土はもとより、
アジア、アフリカ、ヨーロッパ、中東、
世界各地から商品を仕入れにバイヤーがやってきています。
バイヤーとしてイーウーを知らないことは問題外、と
とある貿易会社社長に言われたこともあります。
MKトレーディング

 

イーウーの行き方

 

成田→上海浦東(プートン)国際空港
約3時間半で到着します。

空港でチェックインをして
手続きを済ませたあとは
ラウンジで仕事をすることが多いです。

羽田空港国際線ターミナルラウンジ スカイラウンジ

軽食がたくさんあり、飲み物も多いです。

ただ人はいつも多めです。

行きはあまり遅れないのですが、
帰りの飛行機は遅れることも多かったです。
上海浦東空港が非常に大きな空港で
たくさんの飛行機が離着陸しているので
待つこともありました。
ですので乗り継ぎや次の予定が間に合わないなども考えられるので
帰りの国内スケジュールは余裕をもって組んでおいたほうが良いと思います。

上海浦東からバスで新幹線の駅 虹橋へ

浦東空港から最寄りの新幹線の駅へは
バスで移動します。
いつもは複数人でいくので
バスをアテンドしてもらっていますが
タクシーやバスでもいけます。

虹橋から新幹線でイーウー駅

虹橋からは新幹線でイーウー駅に向かいます。
チケットは当日購入することが難しいので、
いつも現地のパートナーにチケットを購入してもらっています。

まず駅に到着すると
荷物検査があります。
チケットを見せて荷物検査がすんなりと終わると良いですが、
以前知り合いがはさみやヌンチャク?みたいなものを没収されていました。
中国のイベントごと(例えば党大会などの重要な会議)
の前後は特に厳しくなる印象です。

検査が終わると
中に入れますので、
時間まで食事をしたりして待っています。

マクドナルドや吉野家
スターバックスもあって
日本の新幹線の駅と変わりありません。


ただ新幹線の乗り場は
新幹線到着20分前くらいまでは入れません。
なので掲示板で新幹線の時間を確認して
20分前になってから入場するようにしてください。
時間が近くなると行列ができます
ビジネスクラスは
行列を横目に特別な改札から通ることができます。
自分のチケットを見せて通してもらいましょう。


虹橋からイーウーまでは
新幹線の種類にもよりますが
約2時間半~3時間程度で到着します。

新幹線は1等、2等にわかれていて
ビジネスクラスはフルフラットになる快適なシートです。
気持ちがよくて大体ねてしまいます笑
またお菓子と飲み物がついてきます。
座席にモニターもついているのですが、
使い方がわからないので一度も使っていません。
以前上海から乗った時に
自分の席に知らない中国人が勝手に座っている場合もありました。
また座っている席に、
「ここは自分の席だ!」といってチケットを見せてきた中国人の方もいましたが、
自分もチケットを見せたら立ち去っていきました(笑)

イーウーに到着
いよいよイーウーに到着です。
意外と駅をおりると景色は何もありません。

駅の階段を降りると大きな看板がお迎えしてくれます。

イーウーでは場合によっては
降りるときに駅員から
チケットとパスポートの掲示を求められることがあります。
パスポートを見せて通りましょう。
駅から降りると大きな看板があります。

MKトレーディング
これがイーウー福田市場のおおよそです。

駅からは宿泊先のホテルに向かいます。
いつも泊まるホテル

「海洋酒店」


福田市場に隣接するホテルです。
現地での仕入れの時間は限られているので、
効率よく回れるように少し高くても
こちらをいつも利用しています。
ただ最近マリオっとホテルが近くにできたということで
そちらも利用してみたいです。
ホテルでは仕入れの準備などを行い
明日に備えます。

通訳さんが必要だということであれば
ホテルでもアテンドしてくれると思いますが、
「桜洋貿易」さんの通訳さんもおすすめです。

また成田以外にも羽田→杭州
杭州→バスorタクシー
というルートもあります。
まだこのルートではきたことがないので、
いずれ試してみようと思います。

イーウーでの食事

一般的なホテルの場合
海外の人も多くとまっている場合は
おおよそ問題ないでしょう。
ただ料理の金額は高め
またホテルの部屋では水道水ではなくはミネラルウォーターを
飲みましょう

レストラン

ピンキリです(笑)
韓国焼肉や鍋料理
イタリアンレストランなど
なんでもあります
いつもは現地のパートナーさんにアテンドしてもらっています。
それとビールを頼むと常温で出てくることが多いので、
日本で飲むように冷たいビールが飲みたい場合は
冷やしてくださいと前もって頼まないとでてこないこともあります。

市場内の食堂

安くてボリュームもありたくさん食べられるので
私はよく利用します。
支払い現金かもしくはコインに一度両替をしてから
支払うところもありました。
味もまあまあ
ですがものによっては激辛なものもあります。
寒い地域なので辛いものが多いそうです
せっかくイーウー福田市場にきてみたら
ぜひ一度チャレンジしてみることをおすすめします!

中国仕入れツアーの日程については
メルマガでお知らせしています。
ご登録はこちらから

関連記事

  1. 中国輸入と「春節」について!

  2. 2018年秋 広州交易会 第3期

  3. 2018年4月イーウー仕入れツアー No.1

  4. 広州交易会について

  5. 2018年4月イーウー仕入れツアー No.2

  6. 中国仕入れもお気軽にご相談ください