レターパックプラス、レターパックライトを最安値で購入する

レターパックとは?

※郵便HPより

レターパックとは郵便局が発行している 封筒のことで 、

「レターパックプラス」と「レターパックライト」 の2種類があります。

ともに大きさはA4サイズで、重さ4kgまで可能。

封筒になっているので、 その中に商品をそのまま入れて送ることができるので

発送作業がとても簡単です。

また到着日数についても 「速達」の郵便と同程度ということで、

翌日に届くと考えてよいと思います。

■「レターパックプラス」 全国一律520円 厚さ無制限 対面でお届け

■「レターパックライト」 全国一律370円 厚さ3cmまで ポストに投函

またレターパックには追跡番号もあります、 さらに信書を送ることも可能です。

意外と便利で大量に使用しているのですが、

残念なことに レターパックはクリックポスト同様に 「法人割引」がありません。

レターパックの購入方法

■全国の郵便局

定価である、時間内しか手に入らない

■一部のコンビニ

定価である、24時間手にはいる。

■金券ショップやチケットショップ

定価の数%引き

こちらが一番安く購入する方法だと思います。

ただ在庫があるかどうかはお店による

■インターネット

レターパックはネット上でも購入可能です。

Amazonやメルカリやヤフオクでも販売されています。

ポイントを使用してレターパックが購入できるので、

ポイントなどがたまっている方はおすすめです。

あとは郵便局のネットだと クレジットカードでレターパックが購入できます。

レターパックを購入するのにも アメックスのビジネスカードを使用することで マイルがガンガンたまります。

余談ですが、クリックポストもアメックスのビジネスカードを 使用することでマイルがたまります。

送料を節約しながら、ポイントもたまる とてもお得なやり方かもしれません。

レターパックの最安値を調べる

私が一番安いと感じたのは こちらのサイトです。 「切手販売」

レターパックプラスが 510円→474.3
レターパックライトが 360円→334.8

定価の7%引きで購入することができます。

ただし2000枚以上です。

大量に使用するのであれば購入を検討してもよいと思います。

※在庫なし、の状況が続いています。。。

また全国チケットショップの 価格比較サイトを確認しても安いお店が見つかります。

「チケットレンジャー」

https://www.ticketlife.jp/kaitai/31604/

新宿店の店頭だと

520円のレターパックが「504円」くらいなので

約4%お得になっているでしょうか。(2019年12月12日)

もっと安いところが見つかればラッキーですね。

2018年に入り、運送会社の多くが値上げ傾向がみられ、

いかに送料を安く抑えるかが、

どこの物販事業者の問題でもあると思います。

引き続き良い情報があれば、

アップしていきたいと思います。

→2019年10月から消費増税に伴い価格が変更になっています!

※朗報です!

2020年2月より、レターパックの購入に

クレジットカード・電子マネー・スマホ決済が利用可能になります!

以下のブランドのクレジットカードなどが利用可能です。

サービス開始は2020年2月3日を予定しているようで、まず、全国65の郵便局で導入。同年5月には約8,500局に拡大するとのこと。
詳細は日本郵便ウェブサイト内の「キャッシュレス決済」のページで確認できます。

キャッシュレスのポイント還元を上手に利用することができれば、

さらに送料がお得にできる可能性がでてくるかもしれません!

レターパックをお得に送る方法

意外と知られていないかもしれませんが、

旧タイプのレターパック(額面が510円とか360円とか)

も使用することができます。

その使用するには2通りの方法があります

①新しい額面のレターパックに交換してもらう

『旧料額印面(510円又は360円)のレターパックと新料額印面(520円又は370円)のレターパックの交換には手数料及び10円の差額が必要です。』(郵便局HPより)

②不足分を切手を貼って使う

『すでにお買い求めいただいた料額印面が510円又は360円のレターパックは、10円分の切手を貼ってご利用ください。』(郵便局HPより

この2通りの使い方があります。

まず①の新しい額面のレターパックに交換してもらうには、

郵便局で手数料を支払わないといけません。

その手数料はなんと、、、

「42円」(笑)

『新料額との差額および所定の手数料(レターパック封筒1枚につき42円)をお支払いいただければ交換することができます。

(例)

360円のレターパックライト1枚を370円のレターパックライト1枚に交換する場合、
新料額との差額10円(370円-360円)+所定の手数料(42円)=52円
をお支払いいただく必要があります。』(郵便局HPより)

合計で「52円」必要です。

②の切手で使用する場合の必要な金額は差額のみ

「10円」

です。

なので古いレターパックを持っている場合は、

新しいものと交換するのではなく、

不足分の切手を貼って使用するほうがお得です。

そしてここでもっと突っ込んでいくと、

旧料金のレターパックをチケットショップなどで探してみると、

実はかなり金額を抑えて販売されていたりします。

おそらく「在庫処分」や「わざわざ旧料金のタイプを

買うお客さん」は少ないのでしょう。

ただ10円を追加するだけで現状と同じように使用することができるので、

【旧料金のレターパックを安く購入し、切手10円を貼って使う】

というのもかなりおすすめです。

関連記事

  1. FBAパートナーキャリアの料金改定への対策

  2. AmazonFBA販売で「納品先指定オプションサービス」が終了。