中国輸入と「春節」について!

中国輸入において

中国の長期の休みである「春節」には特に注意しなければいけません。

なぜなら仕入れ代行業者、工場、輸送会社、通関、船会社など

すべてお休みとなることがあり、

商品の仕入れができなくなったり、

商品の到着が大幅に遅れることがあります。

「春節」とは

 

春節とは旧暦の正月である。

中華圏で最も重要とされる祝祭日であり、

新暦の正月に比べ盛大に祝賀され、

中華人民共和国のみならずシンガポール大韓民国など11か国では数日間の祝日が設定されている。

(wikipediaより)

数日間というのはうそですね(笑)

(中国以外の国はそうなのかもしれませんが。。。)

当社が使用している代行会社についても、

2017年の春節前にこんなお知らせが届いています

 

「本年度の中国お正月休み(春節)は、弊社は2月10日~2月25日までにお休みさせて頂きます。

正常業務は2月25日から始めて商品見積もり、注文依頼などの業務を受け取れます。

 

但し、中国国内の運送会社は2月3日ぐらいまで営業するので、

商品の注文は2月3日まで可能です。

海外発送業務の運送会社は2月8日まで営業するので、

当社から日本、アメリカまでの最終発送は2月8日まで可能です。

日程などご確認いただけましたら幸いです。」

 

こんな感じです。

とにかく、「けっこく長いお休み」ということを理解してください。

 

春節で「気を付けること」

 

もし仕入れしたい商品があったとして、

代行会社は10日まで対応可能だとしても、

製造している工場、もしくは中国国内の運送会社が

2月3日までだと

2月3日前までに製造完了しなくてはならず、

商品の製造に1か月程度時間がかかる場合は

下手すると年内12月中頃に発注しないと間に合わないこともあります。

しかも春節前後は注文が殺到しますので、

工場の納期も遅れることも多いです。

特に注意することが必要です。

もし春節前に間に合わない最悪の場合

春節明けの納期遅れで

船便などでは4月以降の商品到着ということも考えられます。

ということは少なくとも3~4か月程度の在庫を

抱えておく必要が考えられます。

春節の間に在庫を切らしてしまい、

機会損失をたくさん出してしまうことは避けたいですよね。

売れ筋商品の売り上げがガタ落ちして、

お客様はライバルにとられてしまい、

またランキングをあげていくのはとても時間がかかるし、

経営的にも大きなダメージです

では前もってその分発注しておけばよいですが、

大量に発注するということは、

在庫を持たなくてはいけない、

その分のスペースも確保しなくてはいけない、

仕入れ資金も多く支払わなければいけない、

ということがあります

2点問題があると思います。

 

「在庫の問題」

 

数か月分の在庫をかかえられる倉庫などがあり

保管スペースに余裕があればよいですが、

数か月分の在庫を何商品も抱えられる業者さんは

多くないと思います。

またすべてFBAに納品するというのも

保管料から見て現実的ではないと思います。

私は中国代行業者にある程度在庫を置かせてもらって、

春節前にいつもよりも多めに日本に納品してもらうようにしています。

ただそれでも数量の見通しが甘いと

欠品を起こしてしまうこともあるので、

中国の春節前はバイヤーの腕の見せ所でもあると感じます。

またほかのライバル店が仕入れがうまくいかず

在庫を切らしてしまう、ということも

散見されますので、

仕入れチャンスとみて投資することも1つの方法かもしれません。

 

「資金」について

 

資金についても

基本仕入れについては前金、半金だと思いますので、

半年近い在庫を製造させるとしたら、

それなりに資金が必要になってくると思います。

銀行などから融資が受けられれば、

一番簡単ではあると思いますが、

厳しいようであれば、

春節の数か月前から資金繰りを計算して、

仕入れに回す資金と、

在庫が現金化されるまでのキャッシュフローを

手元に残しておかないといけませんね。

やはり春節については

こういう問題があるので、

頭を悩ませている業者も多いと思います。

国慶節とは

 

春節と同じように「国慶節」という

長期の休みが秋にもあります。

ただこちらは10月頭の1週間程度ですので、

春節に比べれば大したことはありません。

ただ春節にしろ、国慶節にしろ、

中国内への渡航はやめておいたほうがよいと思います。

故郷に帰る人たちの山で

交通機関がものすごい混雑しています。

またホテルや新幹線などチケットが軒並み高騰します。

昨年国慶節前に飛行機をとろうとしたら、

いつもよりも倍くらいの金額で、

仕入れいくのを少しずらしました。

コストの面からも、体力的な面からも

無理していくことはないと思うので、

時期をずらして訪問することをお勧めします。

 

 

関連記事

  1. 2018年秋 広州交易会 第3期

  2. 中国仕入れもお気軽にご相談ください

  3. 2018年4月イーウー仕入れツアー No.2

  4. 2018年4月イーウー仕入れツアー No.1

  5. 広州交易会について

  6. MKトレーディング

    中国イーウーについて