AmazonFBA販売で「納品先指定オプションサービス」が終了。

FBA販売で「納品先指定オプションサービス」が終了。

人手が足りないセラーにとって、

なくてはならないAmazon のFBA。

しかしながら2018年5月9日をもって

納品先指定オプションが終了してしまいました。

やはり、輸送コストの上昇や、

多くのセラーが納品先指定オプションを利用してしまったため

各倉庫の在庫バランスを保つことが出来なくなってしまい、

Amazon としても対応しなくてはならなくなったのでしょう。

2018年5月9日をもちまして、
既に設定されている納品先指定オプションを解除させていただき、
以降納品先指定オプションはご使用いただけなくなります!

さかのぼること3月27日に新規の納品先指定オプションの受付を終了、

事前報告もあったため準備の時間はあったと思いますが、

送料の面でコストアップのセラーはかなり多いと思います。

また納品先指定オプションの終了後は下記のFCに納品されるようになります。

次に納品先指定オプションサービスのおさらいと終了した後の対策を考えてみたいと思います。

「納品先指定オプションサービス」とそのメリット

まず納品先倉庫を指定する「納品先指定オプションサービス」は送料の面で大きなメリットがありました。

仕入れ代を除いて輸入の中で一番大きい経費は「送料」です。

普通は特に国際便は重量が重いほどキロ当たりの単価は下がっていきます。

例えば30 kg の荷物を2回に分けて送るのと、

一度に60 kgで送るのでは、

一回で送った方がかなり安いです。

これは国際便に限ったことではなく、

国内の宅急便や宅配便にも当てはまります。

また自社から近い倉庫へ発送した方が送料は当然安いので

自社から近い倉庫へ納品先を指定していました。

さらに多くのセラーは、

ある程度の物量を確保し、大量に仕入れ、商品一個あたりの輸入にかかる送料を削減して利益をあげようとします。

しかしAmazon が倉庫の状況に応じて複数の納品先を指定してくると、

せっかくまとめた商品も納品先が分かれてしまい、

国際便についても国内配送についてもコストが高くなってしまいます。

以上のように納品先倉庫を指定することで

商品をまとめて発送しコストを抑えることができたのが「納品先指定オプション」というサービスでした。

また納品先を一つにまとめることで、

伝票発行のの際も同じ宛先ですし、

配送会社の手間を抑えることもできていました。

「納品先指定オプションサービス」終了に伴い発生すること

実際に納品先の倉庫が分かれると、

どっちがどっちだか分からなくなってしまうようなこともあり意外と手間がかかります。

事実、以前にS川の担当者が二つの倉庫をまるっきり逆にしてしまったことがありました。

もちろん送り直す送料はS川が負担してくれましたが、

その間に商品の在庫切れが起きてしまい、

本来売れる商品の機会損失が起きてしまいました。

今後「納品先指定オプション」の終了に伴って、

このような経費の上昇やミスの発生が考えられます。

「納品先指定オプションサービス」終了後の対策

いま私が考えられることとしたら、以下の点です。

配送業者との新たな契約を結ぶ

地道な配送コストの削減

コスト上昇を商品単価に転嫁する

仕入価格の調整

などでしょうか。

Amazon というプラットフォームで販売している以上、

Amazon に逆らうことはできないので、

自分たちにできることを考えて対応していきましょう!

またライバルも同様のため、

逆にチャンスと捉え取り組んでいきましょう!

関連記事

  1. 初心者がAmazonで販売する理由

  2. レターパックプラス、レターパックライトを最安値で購入する

  3. 「プライムデー」とは?

  4. FBAパートナーキャリアの料金改定への対策

  5. 正規輸入品と並行輸入品

  6. Amazon’s Choice (アマゾンチョイス)??

  7. Amazonのラベルは24面?

  8. 「微商」とは