初心者がAmazonで販売する理由

初心者が Amazon で販売する理由

アマゾンは日本をはじめ全世界で運営されている世界最大級のオンラインストアです。

日本では2000年よりサービスが開始されました。

最初は本などがメインでしたが、今では日用品からファッションスポーツ用品など、数万点豊富な品揃えで、日本一のショッピングストアとなっています。

抜群の集客力

Amazon に出品する理由は、桁違いの集客力です、
その数は

PCからは月間1,624万人、
モバイルからは月間3,296万人!
(Amazonサイトより)

自分でオンラインストアを運営するには、一からお店を構築して集客しなければいけません。

しかし Amazon に出品すれば月間5000万人近い集客力を最初から活用することができます。

 

「商品ページ」の見やすさ

Amazonの商品ページは、

1つの商品情報が1つのページにまとまっているので、

同じ商品を販売している店舗があったとしても、同じページに情報がまとまっているため、

商品の情報が顧客にわかりやすくなっています。

楽天などのショッピングモールの場合は、

それぞれの店舗ごとに商品がわかれておいてあるため、

それぞれの店舗を見て回らないといけないため、

商品の比較などがしにくいことがあります。

Amazonの場合は見やすい、わかりやすいので顧客は商品を購入しやすいという点があります。

「FBA」という仕組み

またもう一つの大きな理由は、「FBA」という仕組みです。

この「 FBA」 を利用すれば、

販売、配送、回収、カスタマーサポートの業務をAmazon が代行してくれます。

このサービスで時間の無い方や副業で始めている方でも、

十分に輸入事業を行うことができるようになりました。

やり方によっては全てを自動化することもでき、海外を回りながら物販を行っている方もいます。

楽天市場との違い

楽天市場との大きな違いですが、

楽天が小さなお店の集合であるのに対し、

Amazon はそれ自体がひとつの小売店です。

ですのでAmazon では通常一商品につき一つの商品ページしかありません。

その商品を探しに来たお客様は、全てその商品ページからお買い物をします。

楽天市場はそれぞれの店舗にそれぞれの商品ページがあり、価格納期サービスなどが異なるので、

お客様のアクセスが分かれてしまい、

結果として広告などを出し露出が高い資金力のあるお店が有利となる傾向があります。

ですので物販を始めたばかりの初心者はアマゾンで出品することが良いと思います。

またキャッシュフローも大きく違います。

Amazon の場合、2週間に1回の売上代金の振込があります。

楽天市場などの場合は、十月の売り上げは翌月以降の振込が基本です。

資金が少ない初心者が陥りやすい点としては、

発注した商品が資金化されるまでに現金がなくなってしまうことです。

なので短期間で資金を回収できるAmazon はメリットがあります。

アマゾンで資金をある程度作った後、楽天やヤフーなど他のショッピングモールに出品することが一般的です。

関連記事

  1. Amazon’s Choice (アマゾンチョイス)??

  2. Amazonのラベルは24面?

  3. AmazonFBA販売で「納品先指定オプションサービス」が終了。

  4. 「微商」とは

  5. 「プライムデー」とは?

  6. 正規輸入品と並行輸入品

  7. Amazonクーポンプログラム