欧米輸入と中国輸入

欧米輸入と中国輸入

欧米輸入

欧米輸入とはアメリカヨーロッパから、主に並行輸入品を仕入れることを言います。主な仕入先は海外のアマゾンやeBay、欧米のネットショップなどがあります。

メリットは仕入れが簡単で、有名ブランド、有名メーカーでお客様が検索されるので、その商品が売れやすいという点があります。

デメリットとしては、でも簡単に仕入れができるので価格競争になりやすい。また商品単価が高いので利益率が低く、為替の影響次第では赤字になってしまうこともあります。

中国輸入

中国輸入とは、中国のショッピングモール、タオバオ、アリババ、アリエクスプレス、中国のメーカーなどから仕入れをすることです。

メリットとしては、仕入単価が安く利益率が高くなることです。

また商品のオリジナル化も簡単にできます。

デメリットとしては品質が良くないものが多い、コピー品などのトラブルも多い、ということが挙げられます。

数年前までは海外からの輸入と言うと、文化、言葉の壁があり、中小零細企業、個人が取り組むには少し難しい点がありました。しかしインターネットの普及に伴い、輸入代行会社も増え、小口からの輸入も多く行われるようになりました。欧米輸入と中国輸入のどちらもメリットがあり、状況に合わせて実践することで利益を上げていくことができます。

関連記事

  1. 物販セミナー

    物販セミナー開催しています

  2. 2018年最初の物販DVD勉強会!

  3. 2018年4月 物販DVD勉強会