広州交易会について

広州交易会について

世界最大の広州の展示会、「広州交易会」について、
年に2回春と秋に開催される。
バイヤー向けの展示会になっています。

世界中からバイヤーが訪れ、

世界最大の見本市といっても過言ではありません。

 

2018年のスケジュール


2018年のスケジュールはこちら http://www.cantonfair.org.cn/japanese/index.shtml

第一期:2018年10月15日-19日 > 第二期:2018年10月23日-27日 > 第三期:2018年10月31日-11月4日 >
第一期:2018年4月15日-19日 > 第二期:2018年4月23日-27日 > 第三期:2018年5月1日-5日 >

2018年秋の広州交易会のスケジュールが出ていました。

春はいけなかったので、秋に行きたいと思います!

第1期から第3期までがあり、それぞれジャンルが決まっているので、

自分が探している商品のジャンルがある期間に行った方がお得です。

広州交易会の参加方法

 

初めて行く人はバイヤーの登録作業が必要。

登録が終わるとカードが発行され、次回以降も参加が可能となります。

初めて行くときは登録作業に時間とお金が少しかかる。

私が言った時はちょうど初日に登録作業をしたので、バイヤーの行列が半端がなかった。

確か1時間くらいかかりました。

また海外の方は香水なのか体臭なのか、

よくわからないにおいがきつかったです。

 

世界中から人が集まっているのがわかります。

日本語もちらほらと聞こえてきたので、日本人もそれなりに来ていると思います。

展示会場の周りには、無料でボールペンやノートなどを配る業者がたくさんいます。

名刺を渡すとペンやノートが無料でもらえます!

ただ後で営業のメールや電話がかかってくることもあるので

名刺を集めてその情報を販売していると思われます!

偽物の名刺をもっていったほうが良かったと感じました。

そうすればのちのち営業のような電話やメールがこないので(笑)

 

広州交易会への行き方


広州交易会には最寄りのホテルからは地下鉄を使ったほうがよいです。

なぜならば展示会開催期間中は交通渋滞がひどくなっていてバスやタクシーだと到着にとても時間がかかります。

また通行規制も厳しくなっていて頼んでいたバスが待ち合わせ場所に来れず、結局徒歩で移動したこともありました!

展示会場は三つのエリアに分かれていて、エリア間の移動を、カートで移動することもできます。

とにかくたくさんの業者が出店していて、エリアが広いので歩きやすい服装や靴で来た方が良いでしょう。

展示会場の回り方

また案内や交渉はほぼ英語で行われるので、ある程度英語ができると良いと思われます。

現地で通訳さんを雇うこともできるので、

中国語のできる通訳さんを案内係とすると安心かもしれません。

また展示会場で詳細をつめることが難しければ、単価とロットだけメモして、

あと名刺と連絡先をもらって、

日本に帰ってから後日連絡をすれば問題ありません。

担当者は日本からのお客さんについて大体覚えてくれています。

自分は展示会が終わってから半年後にメールをしましたが、

担当者からとても良いお返事をいただき、取引もできています。

 

飛行機とホテル

もうひとつ、自分の行きたい日程が決まったら、

早めに飛行機とホテルを予約しておいたほうが賢明です。

 

広州行きの飛行機や展示会場近くのホテルはどこも満席になり、

ホテルにいたっては通常の3倍近い値段になることもあります。

展示会場の食事については、お世辞にも美味しいとは言えず、

マクドナルドだなどのファーストフード店もあるので困ったらそちらで済ますのもひとつである。

広州交易会ツアーに参加希望の方は

メルマガで案内を流しています。

興味があればご登録ください。

関連記事

  1. 中国仕入れもお気軽にご相談ください

  2. 中国輸入と「春節」について!

  3. MKトレーディング

    中国イーウーについて

  4. 2018年4月イーウー仕入れツアー No.1

  5. 2018年秋 広州交易会 第3期

  6. 2018年4月イーウー仕入れツアー No.2